« プロケーブルがご紹介するパワーアンプのボリュームの機能 | トップページ | プロケーブルが紹介する超一流メーカー「ウーレイ」 »

2016年5月 2日 (月)

プロケーブルがご紹介する電源コンセントの極性合わせ

プロケーブルは公式HPで電源コンセントの極性合わせについて記述しています。
今回は電源コンセントの極性合わせについてプロケーブルがご紹介します。

オーディオ機器の、電源コンセントの極性を合わせるという行為、これは、機材の帯電を減らすための努力です。電源コンセントの極性を合わせることによって、アースの回りにくい100V電源でも、少しでもオーディオ機器にアースが回るようにするために、わざわざオーディオ機器一つ一つのケーブルを全部外してまでして、テスターで計ってまでして、電源コンセントの極性を、合わせているのです。

通常100V電源では、オーディオ機材本体は、20ボルト前後帯電しています。電源コンセントの極性合わせで、いくら頑張っても、15ボルトか10ボルトほどまでしか機材の帯電を減らすことはできません。アースを引きますと、極性も、これまた、ケーブルの方向性と同様で、ほとんど無意味になります。電源コンセントの極性など合わせなくてもいいことになります。帯電量は、0ボルトに限りなく近くなり、急激に落ちます。地面に向かって、機材本体が受けたノイズは、帯電とともに、激しく吸い込まれていきます。シールドが受けたノイズも同様です。もの凄いスピードで、大地に、ノイズも帯電も、吸い込まれていきます。

これによって、機材本体が受けたノイズは、アンプやCDPなどの内部の回路に悪影響を与えず、シールドが受けたノイズも、音楽信号の通る重要な線材には、悪影響を及ぼさずに済みます。

電源コンセントの極性合わせのより詳細な情報はプロケーブルの公式HPをご覧ください。

|

« プロケーブルがご紹介するパワーアンプのボリュームの機能 | トップページ | プロケーブルが紹介する超一流メーカー「ウーレイ」 »